読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

プラスティック・メモリーズ 第10回『もう、パートナーじゃない』

アニメ


あなたのことが……好きです



っきゃああああああああああ!!



いやぁ、恥ずかしい。
テレビ見ながら転げ回りたくなりましたよ。

ついに言った。
ストレートに行った。

アイラらしく初々しく小細工のない直球な告白でした。


思い出が増える分だけツカサに苦しみを与えることになる。

ならば、恋人としての思い出などないうちに別れてしまった方が、お互いのためにいい。

ツカサのためにいい。


そんなのお為ごかしだ。嘘だ。


カヅキが「お前はすでに回収対象だ」と残酷な現実から目をそらさずにアイラへと伝えたことで、彼女は、そこにようやく気がつくことができました。

これってお互いのためじゃない。
自分が悲しいから、つらいから、逃げていただけだよ。

それだけじゃない。自分は二重に自分を騙していたんだ。
一緒にいてつらいことより、ツカサに自分を悪く覚えられたまま別れる方が、ずっと、ずっと、イヤなことじゃないか。


アイラとカヅキは、かつてそこを二人で勘違いしたまま、パートナーを解消してしまっていたのです。


もう、同じ過ちを繰り返したくない、させたくない。

カヅキの思いは、アイラに無事届いたということなのでしょうね。

そして、新しいカップルの誕生を、部署のみんなが祝ってくれています。
でも、実は、何一つ変わっていないこともあるんですよね。

アイラは、もうすぐ……。