読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

艦隊これくしょん ~艦これ~ 第08回『ホテルじゃありませんっ!』

アニメ 艦これ

トラック島へとたどり着いた吹雪たちは、艦隊が密かに建造していたという世界最強の艦娘・戦艦大和と出会う。


現存最大口径の46cm砲を代表とした恐るべき攻撃力も、誰の眼も奪わずにはいられない可憐さを纏った肢体を頼もしく覆い護る分厚い装甲の高い防御力も。
圧倒的な能力を誇る大和はだが一方で、それらを維持するために必要な資源も圧倒的な消費量 ── 世界一の艦娘だった。



わたしね、いままで特に大和の大食いさを気にしたことはなかったんです。
知識としては動かしても直しても一番お金のかかる艦だとは知っていたのですけど、あんまり細かいデータを調べてゲームをするタイプではないので「ふ~ん、そんなもんか」程度のものでした。

だけど、ついこの間のイベントのE-5で、思い知りました。


ひどい。この食い方は赤城さんの比じゃない
こいつを常用してたら、当鎮守府は滅ぶ……。

そう。度重なる被弾と再出撃でようやく……大和一人で他の空母や戦艦数人分を平然と消費していることに気付いたのです。


あ、ちなみに、ウチの大和は昨日の演習でお嫁入りしました。
どうでもいいですね


△▼△


さて、巷ではそんな理由から演習番長*1と呼ばれることの多い大和ですが、アニメの中では演習すらさせてもらえていません

それどころか、海にも出たことがないとか。

ほとんどラムネ製造機*2としての扱いを受けているお嬢様。


これこそが、トラックの令嬢、大和の境遇でした。


我らが熱血まっすぐ主人公・吹雪がそんな囚われのお姫様を知って黙っていられるはずもありません。

長門の命令に反して艤装を纏わせた大和を密かに海へと連れ出そうとするも、大和の空腹とその補給を知られて失敗。吹雪は罰として夕食用の貝を集める潮干狩に従事することに。


そう、そうなんですよ。


わたしはてっきり、暗号解読までやらかす敵深海棲艦から大和の存在を秘すために海へ出さないのだと思っていたら、単純に資源をバカ食いするから、なんですね。

いや、それももちろん理由の一つだろうとは思っていましたが、それだけだったとは……だとすれば、終盤の大和初出撃での三式弾により敵機撃墜が罪に問われなかったのも納得です。秘密じゃないんだもんね。緊急時に資材を気にせず敵を落とすのは当然だものね。


なるほど。


そーですね、今週はけっこうよかったんじゃないでしょうか。
全体的に水着のサービス回もあってぬるい雰囲気の中に、長門が与えてくれる少しの緊張感がいいスパイスだったと思います。




まあ、その長門も、意外な一面といいますか、賛否両論あるらしい二次創作設定?の可愛いもの好きなところを見せてくれたりとかね。


ん。そんなところで、来週にも期待です。
夕立が改二になるのかな?

*1:燃料弾薬ももちろん盛大に食うのですが、何より修理費がやばい艦娘だから

*2:大戦中には大和に限らず、消火用の炭酸ガスを流用してラムネを作る艦は多かったそうです。