読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(iPhone/iPad) 情けないとか言われないらしい

南の関所を抜けて二つ目の街、というか村に到着です。
最初の街に引き続き、主人公はここでも女の子絡みの問題に巻き込まれます。もしやこの赤いバンダナはどこぞの赤毛の剣士へのオマージュでしょうか。ええ、たぶんそれはないでしょう。

さておき、兄の仇を討つために魔物の巣くう塔と単身乗り込んでいった少女の安否は気にかかります。勇者として見過ごすことは決してできることではありません。


言うまでもなく、塔の中はダンジョン構成です。ダンジョンとは言っても決して単調すぎず、かといって理不尽すぎず、再チャレンジするときのショートカットまで仕掛けとして容易がされている今風の親切な作りと言えるでしょう。

わが勇者パーティもさくさくと道を切り開き昇っていきます。今までのところ順調そのものです。しかし、好事魔多しと言います。油断大敵です。ダンジョン内では逃亡成功確率が著しく下がります
私的統計に寄れば今のところ成功率0%です。フィールドでの逃げやすさと正反対ですね。


で、このように逃げられないとどうなるかといえば。

初めての全滅。略して「はじめつ」ですね。略す必要性は感じませんがちょっと縮めてみました。いかがでしょう。


ここもね、ほら。いまどきっぽく「しんでしまうとはなさけない」とかひどいこと言われたりしません。
優しいです。ていうか、なにもなかったように単なるロード後の冒険復帰のようなことしか言わないんです。
魔物にやられたことは屈辱ですからね、恥ずかしいですからね、触れないでくれてるんですよ。

実に今風。


例によってオリジナル8からそうだったのかもしれませんが、わたしそっちを知りませんので。
いずれにしても今風なのはかわりませんし、いいですよね。


そんなところで。
次回はリベンジですよ、塔を制覇してやるです!