読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(iPhone/iPad) お初でも古くても楽しいかもしれない

Game iPhone DQ8


本日(12日)発売されたばかりの、スマホ版ドラゴンクエスト8です。
Android版とiPhone/iPad版の両方が同時リリースされた中で、なるべく大きくキレイな画面でやりたいなと考えた結果、後者を選んで新しかったiPad*1でプレイすることにしました。

10インチAndroidタブ機のdtabも所有してはいるのですけれど、いかんせんこれは解像度が1280*800ですからね*2。iPadの2048*1536とはさすがに比較になりません。


ちなみにこの一枚だけはゲーム画面を縮小せずにオリジナルサイズの画像のまま貼ってあります*3から、気になる方はクリックしてみてください。いちおうは高解像度の意味はあるかと。

ただ、いわゆるムービーシーンになると、格段に画像が粗くなりますねえ。


そうそう、ここでわたしの輝かしいドラクエのプレイ歴を。

DQ1(Wii版) 2時間くらいやった
DQ2(Wii版) 未プレイ
DQ3(Wii版) 未プレイ
DQ4 見たこともない
DQ5 見たこともない
DQ6(SFC版) たしか半分くらいまでで飽きて投げた
DQ7(PS版) たしか半分くらいまでで飽きて投げた
DQ8(iPad版) 今回
DQ9(NDS版) 序盤でうんざりして捨てた
DQX 興味はあってモニターに申し込んだけど外れたからやってない


どうよ!!! この堂々たる戦果!


……事程左様に、特にドラクエシリーズの大ファンではないのです。
それなのに、なぜ2800円と決して安くはないこのゲームを買ったのか。

8だけはなにやらずっと気にかかっていたんですよね。
たぶん、アニメ絵のフル3Dでシリーズ内でも異色だっていう部分に興味が湧いたのかも。


以上のようなどうしようもないプレイヤーですし、オリジナルとの比較などとうていできるわけもありません。それでも少しでも参考になればと、序盤を少しさわってみた範囲での感想を言えば……。


なにこれチョー楽しい!


いや、チョーは言い過ぎか?
ともあれ、わたしってばゲームを10本やれば9本は開始5分で捨てるんです。そこで10の内1に収まる程度には間違いなく気に入ってます。


しかし、めっさ酔いそう。3D酔いきつそう。てか酔った


ええ、実は酔ったので休憩中なのですよ……。
3Dに弱い人はホントに気をつけてください。特に、パッドによる十字キー操作になれていないと、移動の方向が定まらずぐるぐると回り出して三半規管への大ダメージは必至です。



どうでもいいですけど、えぐいですね。
ちっちゃいキャラが文字だけで壺の中からアイテムを盗み出すのはまだかわいいものの、モーションもハッキリした六頭身キャラが破壊活動まで行って強奪の限りを尽くすその姿には、勇者のオーラは些かも感じられません。


まあいいのか、備品らしいし。


では、そんなところで。



ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
SQUARE ENIX Co.,Ltd.
価格:¥2,800  平均評価:4.1(77 件)

*1:iPad3

*2:こういうものは解像度だけじゃないですから、dtabは他のことで愛用していますよ

*3:JPEG化しているので若干の劣化はありますが