読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

絶対防衛レヴィアタン 第10回『絶対元気にしちゃうもん!』

病により弱体化している火山の主<ファイアードレイク>の力を取り戻すためにはなんとしても三種の薬草を手に入れる必要がある。時間の節約を目的に手分けをしてばらばらに採取へと向かったことが徒となったのか、レヴィアタンたち三人は、それぞれが自分の属性とは最悪な相性の場所へと出向くことになってしまった。

しかし、数々の冒険を経て彼女たちは大きく成長していた。いまの三人はもう、向き不向きだけですべてを投げ出し簡単にあきらめたりはしない。苦心惨憺してぼろぼろになりながらも、全員が自分の使命を全うすることに成功したのだ。

力を取り戻したファイアードレイクは、以前に助けた沼の主<ユルルングル>と同様に、アクアフォール防衛隊への協力を約束してくれた。これは百人力というものだろう。
さあ、全員の傷も癒えた。レヴィアタンは温泉宿に秘蔵されていた進化の石で力を増した。ルーカサイトを倒しにいこう。


火属性のバハムートにとって水は弱点に当たる一番苦手な属性だ。果敢に滝に飛び込み奥にある薬草を手に入れようとチャレンジを繰り返すも、そのたびに無残にも水圧に押しつぶされて苦しい思いを繰り返すことになるのだ。

なんでボクがこんなことを

わかる。とってもわかる。わたしもよくそう考えてしまう。そのまま投げ出してしまうことも頻繁にある。だが、バハムートはちがう。少なくとも、いまの彼女はただのわがままお嬢様ではないのだ。友と一緒に冒険を繰り返す内に、強い意志と責任感と、なにより、彼女たちならこんなことで弱音を吐いたりするはず無いから。



レヴィアタンなら無理ってあきらめたりしないよね…






むりっ!!!


ちょうど、水属性の彼女は火属性向きの場所で苦戦を強いられていたわけですが……このテンポ。マジ爆笑モノだと思います。少なくともわたしは相当に笑いました。


これに限らず、今週はクオリティ高いですよ。
正直ね、先週まで、そうね、三週分くらい連続して、かな? あんまり、その……おもしろくなかったのよ。でもね、それをいったら負けだと思って無理におもしろかったように言ってた部分があるのよ。まあこれはわかるひとにだけわかる愛詞みたいなもので、説明が難しいのだけれど、そんなものだと納得してください。しろ。


そうそう、今週はホントすごいの。絵を見るだけでもうわかるもの。先週までのくずれがぜんぜんない。これよ、これならBD買ってもいいかもとか思うでしょう。ね? 買えよ、ナ?


ま、そんなこんなで、レヴィアタンも10話目ですか、そろそろこちらも他のアニメと同様にラストへ向けて突っ走り出す頃合いですね。今週のすばらしさが最後まで継続してくれることをいのりつつ、今宵はここまでに致しとうござりまする。


あ、どうでもいいですがシロップの「進化よ! レヴィアタン進化したんだわ!」ってセリフがなんかすごかった。