読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

デート・ア・ライブ 第11回『カウントダウン』

精霊の妹がいる
ASTの友がいる

そして士道がここにいる





オープニングのバカナレーションが神がかってきている件


さて、先週から本気を出し始めたデート・ア・ライブのあまりといえばあまりの変わりように、今まで傍観を決め込んでいたわたしも一言申さずにはいられなくなりました。あ、とはいっても、たいしておもしろくないまま惰性で見ていた作品が化けたって話じゃないんですよ。当初から密かにこっそりと「これはもしかすると今期わたしが見ている中でベスト3に入るかもしれない」などと感じながら見続けていた一本です。
もっとも、始まる前は本気で期待してなかったんですけどね……CMでのあおりがイマイチ惹かれなかった。でも見てよかった! そんなところでしょうか。


さて、先週に引き続き、士道に対する折紙の積極化アプローチ攻撃は些かも衰えを見せようとしないのでした。特に今回は何と言っても水着回でもありまして、彼女のちょっと控えめだけど鍛えに鍛え抜かれて引き締まったその肢体の破壊力たるや、彼の脳裏を貫き思考を硬直させるのに十分な直球大ダメージモノであることは論を待ちません。
常に己の両肩にかかっている世界の運命の重さをずしりと感じている希有な運命の持ち主である彼であっても、健康な青少年であることには違いが無いのです。

これね、折紙曰く「士道は流されやすいし力押しで既成事実を作ってしまう方がいいと判断した(超訳)」なんですけどね。たぶん無意識下の話だけれどそれだけじゃないのかも? と思うんですよね。なんというか、手段を選ばずにイフリートの情報を手に入れようとしているから、なのかなとか。今回も仇敵のハズの精霊さんたちにかわいく頭を下げて……? うん、情報提供をお願いしてたしね。


いよいよ来週はなかなかデレそうで寸前でデレない妹が陥落する豪萌えシーンが楽しめるんでしょうか、ね? って、それだけじゃすまないでしょうけれど。
なにせ、親の敵の正体が琴里だって折紙にばれちゃいましたしね。“イフリート”が本当にそんなことをしたのかどうかに関しては、なにやらからくりがあるような伏線が張られていますから、きっと最後は収まるところに収まってくれるのでしょう。そう期待します。


そんなわけで、また。