読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

宇宙戦艦ヤマト2199 第05回 『死角なき罠』

やはり冥王星を捨て置くわけにはいかない
沖田艦長の決定を受け、ヤマトは作戦準備に忙殺されることになる。各部署間の主導権争いから個人レベルでの思惑の違いまでが入り乱れ、戦術長の古代もその調整に苦慮しながら、作戦そのものは順調に進んでいるかに見える。

一方、冥王星に陣取るガミラス軍も何もせずに手をこまねいていたわけではない。遊星爆弾の発射システムを改造した新兵器『反射衛星砲』のテストを重ねながら、手ぐすねを引いてヤマトがその罠へ陥ることを今か今かと待ち受けていたのだ。


どうでもいいことですが、ガミラス星では顔色の悪い方が偉いらしいです。いや実にいろんな意味で病んでいる。もともとが、あんな血色の悪い今にもぶっ倒れそうに真っ青な顔の連中にぼろ負けしている肌色族が情けないとも言えますが、あるいは青色族は地球人類には計り知れない超科学で病弱な体を補っているのかもしれません。


はい、見事にどうでもいい話はさておき。


結局のところ、冥王星攻略作戦は決行されることとなりました。
前回、この作戦を時間の無さから反対だと強硬に主張していた島も、それは航海長という道程を管理する責任者としての立場からの反対だったわけです。父の直接の仇であり今現在も地球を苦しめ続けている敵前線基地を破壊するそのこと自体に否やのあろうはずもないのです。


この作戦での遅れは航海長として必ず取り戻します


そう、改めて“あたりまえ”のことを島が沖田艦長に告げたのは、作戦を不支持しているとの誤解を受けるのを恐れたことが一つと、なにより遠回しにお礼が言いたかったことがもう一つなのでしょう。



△▼△


古代の立てた作戦は、ヤマトが敵正面に対峙することで囮となり、裏手から密かに冥王星表面に戦闘機部隊を送り込んで、敵本拠地を発見・撃破することでした。
そんな面倒なことをするより、遠くから安全に波動砲冥王星ごと消し去ってしまうべき、との強硬意見を一蹴して実行に移されたこの作戦は、開始直後から大きく頓挫しそうになります。敵反射衛星砲の特徴は、ヤマトが本作戦で頼りにしていた『波動防壁』をいとも簡単に貫通する威力もさることながら、まず砲の発射位置がまるでつかめないことです。なすすべもなく蹂躙され、冥王星の海へ沈んでいくヤマト……このままでは、戦闘機部隊も危険だ ──


今回は、冥王星作戦絡みのもめ事がちょっとおもしろかったですね。たかだか冥王星なんてどうでもいいだろと丸ごと破壊を主張する砲雷長の南部と、今回は自分たちが活躍できる作戦だからでしょうか、普段からそりがよくないはずの古代を支持してかばっていた航空隊長の加藤のやりとりが好きです。


で、あとは、そうねえ。
なんか、ろりろりしたキャラが多くね? みたいに感じていたり。
もっともこれは、昔のヤマトの現役世代に聞いた話によれば、当時の森雪はいまで言う萌え媚びキャラに他ならないし、今風の萌えキャラにしかなじみのないわたしだからそう感じるのだろう、ということでしたね。


当時は当時でのオタク向けに媚びていたし、いまはいまのオタクトレンドに合わせてこういうキャラがいっぱい、と、そういうことなのでしょうかね。


ふむ、そうなのかもしれないですね。


はい、では、また来週。
あ、今回も第三艦橋は(たぶん)壊れていたはずです。氷の海に船の底を打ち付けてたもんね。