読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

宇宙戦艦ヤマト2199 第04回 『氷原の墓標』

ヤマトのイスカンダルへ向かうタイムスケジュールに余裕はほとんどない。眼前に迫った敵の前線基地すら撃破せずに回避しようと考えていたところに折悪しく届いたのは、土星の衛星上から発せられた救難信号だった。
さすがにこれを見過ごすことはできない。都合のいいことに、そこには前回の波動砲実地テストで傷めたエンジンを直すために必要としている鉱物も埋蔵されているらしい。かくして、ヤマトは土星の第二衛星・エンケラドゥスへと向かう。


なんつーかさぁ、古代クンがもう、アレ過ぎるんですよね。
冥王星を叩くべきとの強硬姿勢に真っ向から異議を唱えた航海長の島に腹を立てて、彼の「船乗りが船乗りを見捨てるわけにはいかない」という主張にけちをつけるんですもの。



いるかどうかもわからない生存者のために貴重な時間を浪費すべきじゃない。それはさっき、お前が言っていたことじゃないか


言ってねえよ!


島は「ヤマトの目的はイスカンダルで浄化装置を受け取って帰り地球を救うことで、決して前線基地を叩くことじゃない」と言っただけ。これを以て「お前が言っていたこと」とは、これ、2chの落書きレベルでしょ。言いがかりと呼ぶことすら恥ずかしい。

兄を殺した冥王星の基地を自分の手で葬り去りたいってその気持ちは理解したいけれど、ただでさえ軍人でしょ、士官でしょあなた。そういう感情を抑えることだって学んでるはずじゃないの?

味方の生存者を救うより敵を殺したい

って、ぜったい違うでしょ。言っていいことじゃないでしょ。
わたし的に、古代クンの株は暴落しました。今後の成長に期待しますけれど…。

そんな風に、いらいらさせられる回でした。


ただ、結局、生存者はゼロでした。結果論だけで言えば古代クンの言っていたことは正しかったと言えるかもしれません。


……いや、待って、そうじゃない


あるいは、誰もいないこの衛星に古代進を呼んだのは、ほかでもない彼の兄・古代守なのかもしれない。だって、救難信号を出していた船は、守の乗っていた『ゆきかぜ』で、古代クンはお兄さんの形見の銃を手にすることができたんだもの。
でね、ここで思うのは、きっと守さんは別に形見を渡したいだけじゃなかったんだと思う。もしそれだけならばヤマトの任務遂行の”じゃま”になるような無人船からの救難信号なんて出さなかったと思うんだよ。
じゃあ、何がしたかったのか。

大事で、かわいくて、おまけに兄離れできないまま死に別れてしまった弟に、どうしても伝えたかったんじゃないかな。船乗りが船乗りを助けることの大切さとか。そして、自分の仇を討とうと思うと、最低限の正常な判断能力すら失われてしまいがちの弟の頭を、なんとか冷やしてやろうと思ったんじゃないかな。

たとえば、海外の大きな事故で大切な家族が遺品の一つも無くただ亡くなったと言われても、なかなか納得できないと思うじゃない? こういう場合、形見の一つだけでも、あればすごく心の整理に役立つんだよね。

なんてことを考えてしまったり。


あとはまあ、どうでもいいっちゃいいんですけど、えらい人がみんな率先して現場に出てしまって指揮系統もなにもなくなっているような気がするヤマトが心配です。長の護衛に長がついてどうすんのよ! なんて思ったりしません? なにかあれば二部門の責任者が一度にいなくなっちゃうんだよ。


では、また。