読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

絶対防衛レヴィアタン 第03回『絶対奥までイッちゃうもん!』


すごく大きい(のどちんこ)です…

バハムートがおぼれかけた沼から突然現れた巨龍『ユルルングル』は、ヨルムンガンドが沼に沈めた斧を飲み込んでしまったことで体調を壊してしまったという。責任を感じたレヴィアタン一行は彼の体内に入り込み、異物の除去を試みるが……。


相変わらずなんの統率も取れていないパーティ、というか、友情さえまともに芽生えていない友達関係、というか、基本的にばらばらすぎる方向性。そしてなにより、超絶詐欺OP!! まさか今になってまじぽか二期が見られるとは思いませんでした!!



わたしの好き好き大好きアニメトップ5から一度として落ちたことのない『まじぽか』こと『錬金3級 まじかる?ぽか〜ん』。その終了以来、いったいどれだけの新作がわたしの体の上を通り過ぎていったことか。それでも断ち切れないのは未練でしょう。大勢のファンが彼の名作の続編を強く望み続けながらも、半ば、いやほぼ完全にあきらめていたのが現実。だがしかし、突如として綺羅、星のごとく我々の目の前に再び舞い降りた天女たち! いや、わかっています。この気持ちはどちらの作品のヒロインたちにも、はたまた関わったスタッフの方々にも失礼なことを。だから、最初で最後にします。


三話目にしていまさらですが、まじぽか二期、おめでとう! そしてありがとう!!



△▼△


Wikipediaに寄れば、ユルルングルとはオーストラリアの先住民アポリジニの神話に登場する銅の体を持つ虹蛇の名です。天候をも司る偉大な龍で、聖なる泉に住む神にも等しい存在だとか。


沼だって池だしね。池だって泉さ!


足下気をつけて

うわー

今度は気をつけてよ

うわー


すばらしい!!
こういうばかばかしいの大好き!


龍の内部からモツ*1を食べようとしたり、それを察した食べられたくない龍が一行の好物を飲み込んで胃まで運んでやったり、井の中で魔法を使われて胃痛に苦しむ龍とか、なんとも細かくて雑な笑いどころがこれでもかとちりばめられているのには、わたしとっても楽しみましたわ。うん、回を増すごとにおもしろくなってます。1話より2話、2話より3話、きっと4話目はもっと楽しいでしょうね!


今週の一番のネタは、オチで泣きながら斧を洗うヨルムンガンドでしょうか?
龍に飲み込まれてさらに中に巣くっていた虫に飲み込まれ、謎の粘液でべたべたになっていた斧に、レヴィアタンとバハムートは非情にも「えんがちょ」切ってきましたものね。傷つくんよね、こういうの。なにげに一番、特に潔癖症の若い頃には効きますよ、うん。

つくづく容赦ない”友人たち”ですよ。


そんなところで、これからも楽しみに見ていきます。

*1:食道とか胃とか