読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

TARI TARI 第11回『満ちたり欠けたり』


合唱部の白祭への参加準備は着々と進んでいた。来夏の台本はほぼ完成し、和奏の歌も紗羽の振り付けもあと一歩。ウィーンの作る小道具の精密さに一同は驚嘆の声を上げたかと思えば、大智の絵心にみな……口を閉ざす。


そんなさなか、青天の霹靂とはこのことだろうか。
理事長の“計画”の影響により、突如、白祭の開催中止が決定する。


── でも、それでも、合唱部は、歌うことをあきらめなかった。


超展開キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!


なに、経営が厳しいから学校を潰して高齢者用マンションを建てるって?


生徒を校舎から追い出して校庭に建てたプレハブ小屋で授業を受けさせるって?


学校法人なめんな*1



ていうかこれさ、理事長よりなにより、校長に腹が立つよ。
何よ、ずっと前から白祭は開催不可能だってわかってたんでしょ? それなのに、100%無駄になるってわかってたのに、生徒たちにお金も時間も費やさせてムダなことさせてたんだ。まだ理事長から口止めをされていたのなら同情もできるよ。でも違うよね、理事長からはもっと早くから周知させておくように言われていたはずだよね。ただ責められるのがイヤで言い出せなかっただけだよね。


もう、この校長は被害者じゃないです。完全に加害者です。
わたしね、弱者ゆえの加害者って、強者のそれよりよっぽどたちが悪いと思うんですよ。たいていが自分は被害者だと思い込んでるところとかね。あー、腹立つわぁ。




△▼△





それでもさ、合唱部は歌うんだよ。
みんなあきらめちゃったのに、お母さんと一緒に作った歌を携えて、和奏がみんなをまとめたんだよ。
いや、まとめたんじゃないな。まとまったんだ。
迷いながらも揺れながらも、みんなと歌うための歌を完成させた和奏を見て、それ以上の言葉なんかいらないんだよ。


合唱部のリーダー的存在は紗羽かもしれない。ムードメーカーは来夏なんだろうと思う。
だけど、合唱部が合唱部たり得る象徴こそは、和奏なんだと思うのよ。


やろうよ、白祭!


やってくれ。思う存分5人でやってみてくれ。
わたしは期待しているぞ!




△▼△




今回、残る見どころは、サワーニャのエロビキニ鎧(馬付き)でしょうか。
なるほど、美術部の某くんが言っていたようにいい体してますなぁげへげへ。


それにしても、サワーニャ、ワカナリア、コナッチーネ、等の来夏のネーミングセンスには頭痛がしそうですけれど、是非見てみたかった謎の歌唱劇ですよねぇ。
残念だわ。


そんなわけで、また来週!

*1:こんな計画は絶対通りません。道義的な問題以前に法的にダメ