読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

シャイニング・ハーツ〜幸せのパン〜 第05回 『とろけるような』


パン屋<ル・クール>に、奇妙な常連客が増えた。毎日店じまいを考えはじめる時間にやってきては、甘い菓子パンのみを買っていく……魔物。
三人娘は思った。


わたし、気になります


デリバリーのための住所調査を名目に、魔物を追ってたどりついたそこは、山奥の大きな洋館。
主は、幼女、ツンデレ、そして……くぎみーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


ネリス「夜に菓子パン食べるって珍しいよね


そ、そう? そうでもないんじゃない?
ていうか、なら、夜中にこんなアニメの放送すんな


うん、たまにね、これ見たあとにさ、セブンイレブンへ行ってパンをね。
ちなみに、練乳クリームフランスが好きです。


それにしてもおそろしいです、ル・クール。
配達契約を勧めてスルーされたらお客の尾行をして家を突き止めノーアポで配達に伺うとは!!
コレは気の弱い独居老人なんかいちころですよね。あこぎに稼いでます。


なまじ近所のお店からの配達って、便利なようでそうでないことも多いんですよね。
最近評判の宅配サービスで、セブンミールって知ってます? セブンイレブンが新しく始めた*1お弁当や総菜の宅配をしてくれるものなんですが、これってセブンの配送センターからトラックで配達されてくるんじゃないんですよね。近所のセブンイレブンが直接配達してくるらしいんですよ。


コンビニと言えば、ほら、常連客に冒涜的なあだ名をつけて喜んでいたりすると聞くじゃないですか。
甘い物ばかりのこの魔物なんか、さしずめ『スイーツ(笑)』って呼ばれてるに違いないですよ。そんなお店に自宅を知られるって、いやじゃないですか。ええ、もちろん知られてどうこうされることはないと思いますよ。でも、心理的にめっさいや。


なので、わたしは使わないことにしました。センター発ならすっごい使ってみたかったんですけどね〜。
500円以上なら送料無料だもの。


閑話休題。



で、パンを気に入られた三人娘は館の主のお嬢様に謁見を許されるわけです。
ちなみに、このお嬢様のライフワークはおいしいアイスクリーム作り。その研究熱心さたるや、言語を絶するモノがありますよ。
なにせ、日の昇りきる前から、日が完全に暮れた夜まで、ず〜〜〜〜〜〜〜っと店の外から店内を覗いて“研究”に勤しんでいたほどです。引きこもり*2の行動力じゃないです。すごい体力と気力です。わたし絶対マネできません。そもそも、一日中覗かれていて店に全く気づかれないとは、隠密スキルも尋常じゃない。あらゆる面でオーバースペックのスーパーヒッキーです。




そういえばこのお嬢様は、三人娘とお茶をしている最中に、なにも言わずに退席しちゃったんですけどね。そうなれば普通、お客は帰ろうとしますよね。そんな三人を必死に引き留めようと一人でお客の相手を続けていたのが件の魔物、まあお嬢の使い魔くんですね。けなげですよ、かわいらしいですよ。お嬢はこっそり自作のアイスを振る舞おうとキッチンでがんばってたんですけどね、それならそうと言えって言うの。恥ずかしかったのはわかるけど、だってさ。アイスだよ。玉子を割るところからはじめて最初からできたてを振る舞おうとしてたんだよ。


アイスって、完成までどのくらいかかるか知ってますか


生地を寝かすだけで数時間は必要ですよ*3


これってばアレですかね。ゲームに同じようなイベントがあったのかな?
ゲームならばちょっと画面を暗転させて時間をすっ飛ばすことでこちらが受ける違和感はほとんどなくなるとは思うんですよね、でも、アニメじゃそれムリだなぁ。いくらなんでもなぁ。


そんな、シャニパニャがわたしは大好きです。



ところで、今の今まですっかり忘れていたくらいに、今週も主人公のリックは空気でしたね。
ムカつくほどイケメンだからちょっと出てくるだけで存在感はあるんですけれど……うん、まあ、ね。
って、あれ? ふと思ったけれど、このアニメってお金をもらってパンを売っているシーンを見たことがないような気がするぞ。ありましたっけ?


では、また。

*1:リニューアルした

*2:外に出るのは大嫌いだそうで

*3:最高においしいアイスを求めている以上時間の手抜きをするとは思えないし。そもそも抜こうとして抜けない時間もあるし