読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

這いよれ!ニャル子さん 第05回 『大いなるXの陰謀』


株式会社クトゥルーの魔の手が八坂家に迫る!
拉致された頼子。だが彼女は自分の意思で敵と行動を共にしていたようにも見える。
クトゥグアの裏切り。あれほどまでにニャル子にご執心だった彼女がなぜ突然?
ニャル子と新たな戦友・ハスターの助力を得て、いま、真尋は再びルルイエランドへと降り立った。


母は、あの城の中にいる。



ハス太くんいいわぁぁ!!
此処だけの話、わたしは男の娘というか女装男子というか、もう大好物なんですよ。いや、ね、ハス太くんは厳密に言えばそれらの定義からは外れているのかもしれませんけれど、細かいことを抜きにすればなんというか近いような雰囲気があるじゃないですか。ああ、BLとかとぜんぜん違いますからね。そこらへん勘違いしちゃいけないです。いや、別にBLはBLで好きにすればいいし、どうこう言うつもりもないのです。





ただ、こう、たまたま相手が男の子だっただけという、ね。ね。わかるでしょう? 自分の気持ちを受け入れてもらえるのがさも当然とばかりに、自然に臆することなくストレートに全身で好意を表現しているハス太くんがかわいくてならないんですよ。はじめて入った好きな男の子の部屋に胸をときめかせているところとか、ファーストキス(?)を捧げてもじもじしてるところとか。


(*´д`*)ハァハァ


堪能しました。
今回はクー子の発情がいささか少なかった*1不満を補って余り有るハスタニウムの力!
たまりませんですぅ。



ああ、なんかわたしニャル子の扱いがぞんざいですよね。いい子だと思ってますよ。
こう、ご褒美のなでなでを求めてごろにゃんしてるとことかね。とってもかわいらしいです。
ただ、やはり、


クー子>ハス太>>>ニャル子


ですよね〜。と、まあ、はい。


さてさて。
新キャラのルーヒー・ ジストーンの正体は何者でしょう? 頼子さんが鍵となる世界の覇権とは一体?
待て、次回!


そんな感じ。
ああ、クー子好き好き。

*1:無かった?