読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ガッ活! 第03回『宇宙人はなんで地球に来るの?』

宇宙人は果たして本当にいるのでしょうか。
命の存在はともかく、高等生物、それも我々地球人類と比肩しうる知的生命体は広大な宇宙のどこかに生息しているのでしょうか?


もしUFOに乗って地球に訪れているのが本当に宇宙人であれば、それは地球人類と比肩どころか遥かに上回る文明を築いているのは疑う余地がありません。
そんな彼らから見れば類人猿にも等しいかもしれない我らの星へ、一体何をしにやってきているのか。



We are not alone



宇宙にいるのは我々だけではない






目的は地球侵略だと思う人!


例によって意味の無い決を採ると、たった一人、転校生の暮井くんを除いた全員が『侵略』目的を支持。


暮井くんフルボッコ!
「楽観的すぎる!」「相手は宇宙人だぞ!」「人体実験されちゃう!」




もう人類は終わりだと思う人!


だからその決に何の意味が! はい、中学生のやることをまともに受け取っていては身が持ちません。
そして同じく、暮井くんを除いて全員がそれを支持。


暮井くんふたたびフルボッコ!
ちったぁ空気読めや!
クラスの不良が暮井くんに絡む!


これだ。この中学生っぽさ最高にいい。彼らの総意を形成するモノはただ一つ、そう“空気”です。そこから外れたものに関して少なくともそのクラスの中では絶対的な誤りであり悪なのです。


しかし委員長はそんな暮井くんをかばいます。


少数意見にも耳を貸すことは大切だ



宇宙人を頭ごなしに敵と見なすクラスを見て転校生はどう感じるか。
閉鎖的で排他的なクラスだと思わないだろうか。クラスになじめないと落ち込んだりしないだろうか。
言葉や文化を超えてわかり合える心を我々は示すべきだったのではないのか!


もしかしたら宇宙人だって地球と友達になるためにやってきているだけじゃないかしら


TOMODACHI! TOMODACHI!



稀代のアジテーター、高千穂ちほは今日も絶好調。