読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

男子高校生の日常 第02回 『男子高校生と旅立ちの朝』ほか

【男子高校生と旅立ちの朝】


なるほど、だからあれほどまでに正しい装備をしつこく言ってくるわけか。そうだね、武器だもの、刃物だもの。一歩間違えば大けがをする。先人として若者を導いてやらなければならない、という使命感が、あのうざい「ぶきはそうびしないといみがないよ」にこめられていたのか。

【男子高校生と凸面鏡少女】


女の子は化けます。
痩せればこの子絶対モテるよね、って友達はたまにいました。
言いませんでしたけどね(謎
え、いえ、ほら、優しさですよ? ホントですよ?

【男子高校生と友情パワー】


下着ドロはアレいけません。
ある意味痴漢より気持ちが悪いし理解不能だし頭にきます。
かぶるくらいならまだ許せるにしても、着るなよ!!
妹ちゃん、キミは思う存分キレていい。

【男子高校生と文学少女2】


こう、シチュエーショントークといいますか、一度やってみたいですよね。
一人で脳内の誰かを相手にやるのは誰もが少しは経験があるでしょうけれど、誰か実在の相手を目の前にしてのプレイはそうそうできるものではありません。
ごっこ遊びなんかとは違う。おままごとみたいなぬるいものじゃない。合図も、オチも、フォローも無し。ガチで自分の世界のぶつけ合いで組み立てていく青春ストーリー……イイ!!


つかモトハル。あんたこんな美味しい遊びを実の姉とやってたのかい。

【男子高校生と伝統行事】


ああ、ある。
「なぜ?」が特に気になるお年頃だよね。なんでそんなことをしなければならないのかに極端にこだわるのが若者さ。ありとあらゆる古いもの、古今東西の伝統を、片っ端から否定してみたくなる時代。後年になって振り返ればそれはまさに黒歴史。しかし、とっても大事な思い出の時期。


いいさ。逆らうがいい。抗うがいい。目の前のすべてを疑ってかかるがいい。
いつか必ずそれは糧になる。それこそが伝統を受け入れることの意味を真に知るための足がかりになる。


でも校長先生。優しさはよくわかった。アドリブ力も強い。だけど、ウソはダメ。ぜったい。

【男子高校生と少年時代】


マジでそういうことしてたんですねモトハル。
ん。やる方にとっては遊びでも、やられる方にとってはいじめということは少なくありません。
実際ね、ホントにいじめの自覚のないいじめって多いんだわ。とぼけてるだけだろ、ってそう思う人も少なくないんだけどね。そういう場合も当然多いんだけどね。


難しいもんですよ。
なんにせよ、いやなことをされて収まらないようならば、あなたが子供でも大人でも、しかるべきところに相談するのが吉です。いや、相談しなさい。するのが義務です。しないと許さない。

【男子高校生と怪談2】


世間的には仲が良くないとなっているらしい、タダクニとタダクニ妹の関係は、その実とんでもなく良好なものなのかもしれません。毎度毎度お兄ちゃんと友達の会話を盗み聞きしてるし! ノリいいし! 下着を盗まれてもまだつきあうし。


この子好きです。

【お嬢様の日常】


なるほどこれが正規EDね。。肌色パンツが学生の舞台っぽくてよろしいかと。
えーっと……差し歯ね。


あー、うん。
まあ、そんなところか。


今週も大笑いさせていただきました。
原作もぜんぶ読んでるんですけどね、アニメで絶妙の間とツッコミを堪能すると、わかっているネタでもクるものがあります。


来週も楽しみだ。
では。