きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アイドルマスター 第25回 『みんなと、いっしょに!』


みんな、泣いた。笑った。怒った。傷ついた。
そして、今日。見違えるほどに大きく成長した少女たちは、その成長にふさわしい大舞台に立つ。
765プロニューイヤーライブ。春香を中心に忙しいスケジュールの合間を縫ってレッスンを続けてきた成果を、今日こそファンのみんなに見せつけるとき。怪我による入院でほとんどライブの準備に関われなくなっていたプロデューサーも小鳥の手を借りてこっそりと病院を抜け出して応援にきてくれた。




団結した765プロは無敵だ!!
彼もまた欠かすことの出来ない765プロの一員だ。これで全員一人もかけることなく勢揃い。
これで、ライブが失敗するはずがない。
誰もがそう確信したと思う。


車いすの痛々しい姿のまま楽屋に訪れたプロデューサーさんはみんなの顔を見回してこう言います。


顔を見て安心したよ。今日はぜったい最高のステージになる! 俺が保証するよ!!


顔を見て安心したのはアイドルたちも同じでしょう。まちがいなく肩の力が抜けたはず。
根拠なんていらない。プロデューサーさんが保証してくれるなら、ライブはぜったいに最高のものになる。
一人一人の目を見て、名前を呼んで、一緒にがんばろうって言ってくれた。
そんなプロデューサーさんが言うんだから、自分たちの全力を出し切れる。






一話目の感想でわたし言いました。
プロデューサーさんだいじょうぶかな。オリジナルの*1男キャラを出してメチャクチャにならないかな


完璧に杞憂でしたね。


目立ちすぎず引っ込みすぎず、あくまでもアイドルたちの成長を『支える』立場を彼は堅持してきました。アイドルたちの自主性を阻むようなことは一切しませんでした。だからこそ、ゲームを一度もやったことのないわたしでさえ引き込まれて離れられなくなるほどに、一人一人の女の子たちがまぶしく魅力的に感じられたんだと思います。




さあ、本番スタートだ。





ライブシーンは新旧OPのメドレーからはじまります。
どっちも大好きなんですけど、わたしはやっぱり旧OPの『READY!!』の方が好きですね。未だにiPodの再生回数でかなりの上位にいますよ。
あ、ここのところ毎朝ジョギングしてるんですけどね、シャッフルであの曲が選択されると元気出ますね〜。ホントに名曲だと思います。そらで歌えますもん。




続いてCM開けは、サプライズの律っちゃん再びアイドルステージへ!
新曲の『いつまでも、どこまでも』です。
まだまだひらひら衣装は似合いますねぇ。尻込みしているようで同時にまんざらじゃ無いような顔をして。引退後二度目のステージですね。これはもしかすると現役復帰を考えちゃうかもしれませんね。ステージのライトって、一度浴びるとなかなか忘れられないと聞きますものねぇ。




△▼△



最終回だし、いままで特に印象的だった子の話を振り返ってみよう。



どの子のエピソードも楽しいものだったけど……。やっぱりなにより千早ですね。この子の笑顔大好き。
これ何度も言ってるし、毎週ウチを読んでくれてた人には耳タコかもね。でもね、千早の笑顔は見る人を幸せに出来る笑顔です。たくさん苦しんできたからこそ、ようやく得た笑顔には力があるのかも。
何より大好きで生き甲斐でもある歌を楽しむことを禁忌にしてきたいままでの千早。大好きなものを思うさま楽しめるようになったいまの千早。好きなものを好きって歌声に乗せられるんだから。技術に魂が乗っかったんだから。これは強いよ!




そして美希。まさにアイドルになるべくして生まれてきたような華やかな容姿に、本当の天然がかもしだす真似のできないほんわかした空気。最初はそれだけでした。ある意味お人形のようだったとも言えると思います。
そう。「最初は」です。
すでに彼女は明確な目的意識を抱いたプロのアイドルへと変貌を遂げていると思います。もしかしたらメンバーの中で一番成長したのは美希かもしれない。裏切られて*2、再び信じて、夢を叶えるためには自分がいまなにをすべきかを、自分で考えられるようになったのが大きいんじゃないかなぁ。
素材の良さじゃホントにぶっちぎりだものね。そこにプロ意識……無敵だよ!




あとはやっぱり、春香だろうね。
あえて意地の悪い言い方をするとすれば、彼女は未だに乳離れができていないと思う。『みんな』に寄りかかりすぎていると思う。それでもいいとわたしが思うのは、昨日の春香と今日の春香はちょっと違うと感じるから。徐々に『みんな』を楽しめる春香になってきていると思うから。
もうちょっと、みんなと一緒で、みんながいないとダメな春香でもいいんだと思う。それくらいの時間は与えられるべきだし、あると思う。





△▼△



でーたーなー黒井〜〜〜〜!!



ま、さすがにこれは予想してました。最後にぜったい出番があるってね。
で、今回はなに? 不動産詐欺? 計画倒産?
相変わらずカネは使うけどやることがわかりやすいなぁ……。


ん。しかしいいのさ。765プロは今にも倒れそうなボロビルに入っているのがぴったりなのよ。
どんだけ売れっ子を抱えたってあそこが似合うのよ。
だってさ、あそこが、みんなの場所いつもの場所だもの。




よし、巻いていこう。
ミニライブからやり直しのジュピターがんばれ!
お見舞いを“口実”にお財布を渡せた春香よかったね!
夢に向かって走り続けているのは876プロも同じだぞ!


みんなみんなおもしろかったぞありがとー!



普段は意識してSSを貼りすぎないように気をつけてるんだけど、今回は……まあ勘弁!!
だって、どこもかしこもいい絵ばっかりなんだもの。
これでもまだ足りないくらいだよ。必死で抑えてるのさ!!





さて。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。
おもしろいアニメはたくさんあるけれど、これほど毎回のように気分が高揚させられるアニメははじめてだったかもしれない。
楽しませてもらいました。次回作もがんばってくださいねー。


ふぅ。では。

*1:まあプレイヤーキャラとしてはゲームにもいるにはいますが

*2:誤解と行き違いですが