きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

WORKING'!! 第10回『ケータイ無問題』


山田もケータイが欲しい!
その分をわきまえない野望は、やがて一人の可憐な少女の命を奪(いそうにな)った。


種島ぽぷら冷凍殺人(未遂)事件。


一切の証拠を残さず巧みに現場から立ち去った山田。彼女の代わりに犯人として浮かび上がった目つきの悪い金髪の男。一貫して無実を主張しつづけていた彼も、やがて捜査陣の執拗な誘導から自分が犯人なのかもしれないと洗脳されていく。
果たして、男の無実は証明されるのか?


どうしてケータイなんて欲しいんでしょうね。不思議です。
まあ、いつも3台くらい持ち歩いてるわたしが言うのもなんなんですが*1、別に電話がしたいわけじゃない。メールだってほとんどしない。それでも欲しいんだよね。無しじゃいられないんだよね。うん、不思議だ。



さて、今回は、伊波さんと小鳥遊くんが番号とアドレスの交換をするまでのお話でした。


ついつい出来心で伊波さんを押し倒してしまった小鳥遊くん。
辛抱たまらず眠っている伊波さんの頭をなでなでしてしまった小鳥遊くん。
頭がフットーしそうだよおっ! っとばかりに倒れてしまった伊波さんを女装してまで見舞いに行く小鳥遊くん。



ああ、愛だ。まぎれもなく愛だ。


アドレスゲットしたときの彼女のうれしそうな顔といったらもう!


そんなお話。




そだ、もう一つ。
あと、ポーカーフェースでびびりまくりの佐藤さんかっこいい。
めっさキメてるじゃないですか。よゆーかましまくりじゃないですか。
でも、内心がくぶる。


そう、内心なんてどーでもいいんですよ。女の子の前でかっこつけてみせるのが、男気だと思うんですよ。
震えながらでもツッパリ通せばそれはホンモノなんですよ!



では、また。
はぁ、佐藤さんやっぱ好きですわぁ。

*1:そのうち1台は仕事の都合で持たされているものですけれど