きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ベン・トー 第05回 『北海道の鮭を使ったあら汁 326kcal』


東区の狼たちのよからぬ企てが発覚した。数日後に迫った西区の狼への総攻撃作戦……あやめからもたらされたその情報に、佐藤たちは驚愕する。だが、彼らはまだ知らない。あやめが西区に計画を漏らすことすら計画の一部だったことを。
首謀者は『モナーク(帝王)』の二つ名を持ち、勝利のためならどんな汚い手段も辞さない東区最強の狼。彼の所属する丸富大学『庶民経済研究部』の面々を手足のように操り恐れられている男だった。



未だにあやめがどこまで深く関わっていたかが不透明なのではっきりしたことは言えませんけれど、モナークに「駄犬」と罵られ狼としてのプライドを傷つけられたことで袂を分かったことはおそらく確かなのでしょう。だからといってそのまま西区に合流できるほどにフレキシブルな生き方をしてはいない彼女は、どちらの勢力からも狙われかねない危険な立場で孤軍奮闘を強いられることに。


ううん。
先週までのある意味ほのぼのとした半額弁当の奪い合いが、一転して組織間抗争に発展しそうな剣呑な香りがしてきました。
吉と出るか凶と出るかは定かではありませんけれど……。



そして、モナークとは対極に位置しそうな新キャラがもう一人。
井ノ上あせびちゃん。あやめと同じ『ファミ部』に所属する呪い・呪われ体質(?)の不幸少女、でしょうか。
今のところそれ以上の情報はなく今後狼たちの抗争に関わってくるのかも謎。
ただ、癒やし系と言うのか、けっこうとげとげしい女の子の多い本作では一番ふつうにかわいらしいと呼べる子だと思います。白粉さんもかわいいけど……あの子はほら、ねえ?


さて。
おそらく来週には、元狼で現半額神の女性から、モナークがこの計画を立案するに至った経緯を知ることができそうです。
あんまりシビアでしゃれにならない話ではないことを祈るとしましょうか。





ん。とりあえず、佐藤に女装は似合わないことははっきりしました。
それでもよろこぶ白粉さんガチでホンモノ!
一歩間違えば人妻相手の凶行に及ぶところだった男子高校生の妄想力最強!
そんなところですかね。


では、また。