きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アイドルマスター 第16回 『ひとりぼっちの気持ち』


とびだせ!どうぶつワールド』の収録日の朝、響は番組進行のパートナーでもあり私的にも一番の相棒のいぬ美*1と大げんかをしてしまった。彼女にはいぬ美が何を気に入らなくてふてくされているのかがまったくわからない。どれだけ説教しても諭してみても聞く耳を持たないいぬ美に対し、響もいつしか意固地になって「一人でだって番組くらいやってみせるさ」と、うそぶき、いぬ美を置いて収録現場へと出かけていってしまった。
しかし、その日の収録はいつもと少し違う。961プロの魔の手が、ふたたび765プロに襲いかかろうとしていたのだった。



今回まずおどろいたこと。
ジュピターは黒井が何をしているのか、何をしようとしているのか気づいていないらしい?


……え? マジ?
ホントに? 黒井登場回で彼らが言ってたことはなに?
それで知らないってあり得るの?


ホントに、あれだけ痛々しくかっこつけてる天ヶ瀬冬馬も素で気づいてないわけ?




ジュピターって頭悪すぎるんじゃ。



黒井も黒井で、手口もあまりにもずさんだよね。
あっという間にネタが割れるようなことを平然とやってるチンピラっぷりに(ノ∀`)。


響をADのクルマに乗せて遠くに置き去りにして、番組収録に穴を開けさせた上でゲストのジュピターが番組を乗っ取るとか……ねえよ。


どうしちゃったんだアイマス
いらないよ961プロなんて。いまからでも捨てちゃえよ!


いや、ジュピターを出すのはいいけどさ、ふつーにアイドルとして出してあげなよ。
いまの彼らの立ち位置ってば、悪の幹部どころか組織に騙されて利用される一般市民だよ。



はい、ここまでが今回の内容の半分。




△▼△



残りの半分は、響と動物たちの友情劇……なんだろうけどぉ……。
つまんなくね?



響が置き去りにされた場所から事務所までの距離が、ハムスターの足で半日もかからないくらいに近い*2とか、いくらなんでもやりすぎだしさ。まあ、忙しさにかまけて動物たちにかまってあげられていなかったことを反省する響の下りなんかはなんかはいいけれど、全体的にやりすぎが目立った回だと思うんです。


大きなお友達向けの深夜アニメのはずなのに、ノリがすっかりふつーの子供向け、みたいな。


響は作中で1,2を争うお気に入りキャラなんですよね。
それなのに彼女回でこの扱いというのは、ひたすら残念に思うわけですよ。



うん、いまからでも遅くない*3よ。黒井さんが交通事故にあうとか、じゃなきゃ投機に失敗して夜逃げするとか、脈略もなにもいらないから5分で完全改心させて以降のちんけな妨害をぜんぶ中止とか、そうならないものでしょうか……。


ホントに、不要です。いや、積極的にじゃまです。黒井社長。
では、来週は彼の出番が無いことをいのりながら終わります。

*1:セントバーナード犬

*2:電車は使ってたけど、駅がすぐなら響もあっという間に戻れたはずだしね。崖から滑り落ちたのはさすがに偶然だろうし

*3:あれ、もしかしてもうぜんぶ作り終わってるのかな