きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

俺たちに翼はない 第07回『栄えある王の凱旋だ!』

ドキッ! 女だらけのクリスマスパーティ!



おまえらこれどんだけむなしいか知ってるか!



たぶん、男だらけの10倍はむなしいです。


さて。


あらすじを聞いても意味不明なだけでおもしろくもなんともないから勧めにくいんだけれども、勢いと不条理と中二さが渾然一体となったきらびやかな調べに目も耳も奪われまくり必至のこのアニメを見ていないあなたはめっさ損してる。と、空いた鼻でまだこのお肉へーきかなと調べながら思ったわけですよ。



いいな。
なにがいいって、中二フレンズ!



アレな設定で語りまくり! 笑いまくり! 遊びまくり!
あこがれるじゃないですか。ねえ。
わたしもほら、白馬の王子様を待つ異世界の姫とかやってみたいですよ。アスレチック勇者を待つ犬姫でもいいですけどね。


てか、ますますわかんなくなってきたぞ。



結局なんなんだ?
羽田も成田も千歳も伊丹も他の人格からの派生でしかなかったってこと?
オリジナルの人格を持った誰かがもう一人いるってこと?


見た目もどうなってるのかわかんないんだよね。
いわゆるハンコ絵のキャラだから誰もが似たような顔になっちゃうし、作中の世界ではうり二つなのか全くの別人なのかも説明がないと判別できないでしょ。
今回の伊丹は成田と同じ姿をしているわけでしょ。それを見て羽田と思った子がいたし、千歳と勘違い(?)した子もいた。自宅に戻っても小鳩はおびえていなかったしやはり羽田に見えるのだろう。


要するに、小鳩の兄が重度の、その、多重人格だかなんだかなの?



うーん。
まあ、考えるな。感じるんだ……。


待て! 次回!
これだな、うん。


とにかく、これ見てない人は……ってそんな人がこれ読んでるとは思えないな。お友達に見てない人がいたら、ぜひとも勧めてあげましょう。わたしはいまのところ思いっきりお気に入りです。もしかしたら今期一かもしれない。


勘違いかもしれない。


では、また。