読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

F1第15戦シンガポールGP決勝

F1 モータースポーツ

偉大なる皇帝・ミハエル=シューマッハ。だけどその栄光は既に過去のもの……ここ数戦のGPを見るにその感は強まる一方です。


オーラと呼べばいいのか、他者とは一段違う格の現れと言うべきか、過去のシューマッハの走りには明らかに他の誰とも違う空気がありました。何者をも寄せ付けない威圧感、彼に挑むことすら愚の骨頂、と見るもの全てに訴えかけてくる力。


一度引退し、今年、2010年に復帰した彼からは、それらが、一切消え失せています。


有り体に言ってしまえば、今のシューマッハはもう怖くない。
誰にだって抜ける、誰にでも抜かれてしまうドライバーに成り下がってしまった。
残念ですけど、正直な感想です。


若いチームメイトにまるで歯が立たず太刀打ちできずことごとく後塵を拝しているかと思えば、大昔になら許されていたかもしれないF1のやり方をいまも引きずって、バリチェロをコンクリートウォールに押しつけて危険に追い込んだり、今回はルーキーの小林に侮られはじき飛ばされ……そう、ここなんだと思います。他のドライバーも皆、口先ではシューマッハの偉大さに関していささかの疑問も抱いていないようなことばかり並べているけど、誰もがもう同じように思っているんじゃないか、そんなことまで考えました。



まあ、それでも、この後にハイドフェルドと接触して自分だけ生き残ったり、間違いなく技術的な“巧さ”は健在だと思います。なるべくリスク無く走り続けゴールまで持ち込む。これはたとえば今の小林には及びもつかない部分でしょう。

クラッシュは完全に僕のミス。
長く僕の進路を塞いでいたシューマッハオーバーテイクし、ここぞとばかりハードプッシュを続けていたんだけれど、その時点でもうタイヤは限界だったね。

クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「マシンめちゃくちゃ」: FMotorsports F1



いいとこ見せたと思ったら、こんな風に小林可夢偉は自爆リタイアしましたしね。
位置が位置なだけに後続のHRTのブルーノが避けきれずに突っ込んで……これは巻き添え事故でしょうね。気の毒でした。ほら、なにやら盛んにアピールしてますし。


ん〜、そうですねぇ。シューマッハは偉大すぎるんですよ。偉大すぎたんですよ。もっとそこそこのドライバーなら、まずますの位置を走ってF1に存在すればいい形で参戦を続けても何も言われることはないんでしょうけど──バリチェロクルサードのように。勝てなくなった横綱は引退を強いられるのと同じようなものですねぇ。


再三言ってますけど、シューマッハの復帰は晩節を汚すだけの愚行だと思います。
そりゃ走れば走らない立場よりお金になるし、お金はいくらあってもいいでしょうけど、暮らしに困ってるわけでもなかったでしょうし……。


レース結果はこちらを。