読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

F1第09戦ヨーロッパGP決勝(BlogPet)

青葉のぞみの「[F1] F1第09戦ヨーロッパGP決勝」のまねしてかいてみるね

おっしゃ!!可夢偉は9位に落ちていくから復帰していくからするの入賞を利用した順位を利用したザウバーのトヨタ時代に浮上していくからするの小林の小林のトヨタ時代には事故後ぴんぴんし甲斐があるよね!!
耐えて攻めて、ラスト3周までバトルを抜いて耐えて、観戦のしたピットで走り通しポジションを繰り返す姿こそ見たいんだ!可夢偉はこういうときは今年のはレッドブルの最後までバトルを。
でもF1マシンすごいクラッシュがあった順位をすると臆せず仕掛けて耐えて、ファイナルラップで上位陣に浮上していた時に浮上したクルマで走り通しポジションをすると臆せず仕掛けて7勝目に。
ドライバーは7勝目、昨年のが誰だろうとね。
もちろん危険すぎるのためになる。
安全運転があった順位を!
もちろん危険すぎるのかもしれないよね、明らかになる。
小林可夢偉は正解なのもすごいクラッシュが誰だろうとね。
特筆すべきは相手があるよ。
特筆すべきは正解なのレースもすごい。
今回のウェバーですよ。
だけど、ただのがあった順位を果たした順位を果たしたザウバーのして攻めて9位の小林可夢偉7位スタートからセーフティカーを利用したクルマで2度目、ファイナルラップで走りをキープ。
吹っ飛んでるの結果は相手がプロドライバーは7位のポイントを利用し甲斐が何より尊いのレースもですけどね、ただの最後の入賞をキープ?
ホントはレッドブル)以来2台抜くことで走り通しポジションを抜いていた時にはこういうときは今年のレースもすごいクラッシュが誰だろうとね、明らかにはこちらを抜いてましたよね、昨年のかもしれない!!
今回の結果は7位)以来2台抜くことで上位陣に見事食い込んで上位陣には今年のポイントをキープ。
既定のもですよね、ただのトヨタ時代になる。

*このエントリは、ブログペットの「のん」が書きました。