読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

インディカー第六戦 インディ500(インディアナポリス)決勝

眠い。寝てもいい? いいよね。もう、わたしがんばったよね。ね。


初めて生放送で見たインディ500の感想でした。


時間がやばいですって。深夜1時から早朝ですよ。
お昼に調整するために寝てたけど追っつきませんよ。倒れそうですってば。


おまけにさ、予選9位スタートの武藤選手がリタイアでレースを終えちゃったり、10位くらいまで上がっていた佐藤選手がトラブルで二周遅れで20位以下にまで沈んじゃって、これ以上の順位は望めない状態になっちゃったり。
これがF1ならまだほかに応援する選手もいっぱいいるんだけど、インディカーは思いっきり初心者だからね〜。強いて言えばヴィソやTKがいいかな、くらいだけど、やっぱり眠さには勝てなかったよ。


気づいたらテーブルに突っ伏して寝てました。


起きてから録画してたビデオを確認して、なんだこの事故……飛んでるよ! しかも宙返りだよ!!

よく生きてたなぁ。足の骨折だけで済んだみたいだし、よかったよぉ。

だってここなんか、最悪の結果を想像しちゃいそうな絵じゃない?


あ、牛乳飲んでる。優勝はダリオか〜。


とにかく、インディ500という大舞台で長距離を走りきり完走できたのはよかったです。
おめでとうおつかれさま、佐藤琢磨選手。


オーバルでの速さはもう誰もが認める優れた選手だもの。クルマの調子が合えばきっと優勝も夢じゃない。
今回は残念だったけど次回はがんばって武藤英紀選手。テキサスもオーバルだし!

第94回インディ500マイルレースは、ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)が2位のダン・ウェルドン(パンサー・レーシング)に 1.536秒差をつけ、2007年に続いて2回目の優勝を飾った。
3位にマルコ・アンドレッティア、4位レックス・ロイド、5位スコット・ディクソン、6位ダニカ・パトリック。初参戦の佐藤 琢磨はトップから2ラップダウンながら20位完走。予選9番手グリッドで期待された武藤 英紀は、ハンドリングトラブルで76ラップでリタイヤ28位に終わった。

IRL:Rd.6インディ500マイルレースは、フランキッティが2回目の優勝を飾る: FMotorsports Kaigai