読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

インディカー第五戦 カンザス

indycar モータースポーツ

武藤英紀(4番手)
「昨年のカンザスで速かったNewman/Haas Racingですから、今年のマシンも期待はありました。プラクティスが1回になり、決勝用セッティングに予定していたよりも時間がかかってしまいましたが、予選用セッティングのマシンは速く、4周を安定したラップで走ることができました。最後の1周はタイヤのグリップ低下に対応したことで少しラップタイムが下がりましたが、4周ずっと全開を保てていました。決勝用マシンはまだ本当の自分好みの状態まで仕上げきれていませんが、今のマシンに大きく変更を加えることなく、できる限りいいマシンにして決勝に臨みたいと思います」

IRL:ホンダ・モータースポーツリリース

佐藤琢磨(11番手)
「水曜日にルーキーテストがあり、オーバルがどういうものなのかという感触をつかむことができました。オーバルでの予選はまったく初めてで、自分としては比べる対象がないので、今回の自分のアタックの出来が果たしてよかったのかは分かりません。ただ、自分としてはそうした状況で精一杯安定した4周を走りました。マシンはレース用のセッティングを完全に重視して作ってきています。初めてのオーバルレースは、多くの経験を積むことが大切なので、明日は完走を目差してがんばりたいと思います」

IRL:ホンダ・モータースポーツリリース


両日本人選手ともいい予選結果です。
武藤選手は開幕前からオーバルがうまいのは聞いてましたが、こんな位置からのスタートとはすごいですよね。
佐藤選手にしても結果は武藤選手に比べてずいぶんと下ではありますが、ルーキーでもあるし、チームメイトの二人を上回ってもいるし、上々だと言えるでしょう。


オーバルはとてもタフで危険なレースです。
何度も経験を積んだ武藤選手はともかく、佐藤選手はまずぶつけないように、ですねぇ。本気でしゃれになりませんから。
オーバルコースはコンクリートの壁にコースが囲まれてますから、まさにワンヒットワンキルです。
や、ワンキルどころか密集して300km/h以上で走ってますもの、何人も巻き込んで大事故の可能性も……。


もっともそのために、インディーカーではオーバルコースでルーキーテストがあるんですけどね。
教習所みたいなものですか。それ通ってますし、最低限の技量は保証されていると。そういう話ですね。


決勝開始は日本時間の今夜3時からです。テレビ放送はありませんが、IndyCar.comで無料登録すればライブストリーミング映像で生中継動画が見られます。


連休中ですし、お暇な方はどうぞですね。わたしもこれ見ます。