読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

2010年インディカー選手権開幕

F1開幕戦と時を同じくしてスタートしたインディ・レーシング・リーグの第1戦は、ブラジル・サンパウロの市街地特設コースで行われたが、注目の佐藤琢磨 (KVレーシング)はオープニングラップで起きた多重クラッシュに巻き込まれ、リタイヤで終えた。

佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える: FMotorsports F1

スタート数秒クラッシュエンドワロタ


今年のインディカー初戦は生中継で0:30〜4:30まで放送だったんですよ。
きつい、きついけど、見なきゃ。朝まで応援だ!
これに備えて前もって寝てたりしたんですよ。


と思ったらあんた、開始直後にもう起きている意味が無くなったんですよ。


もう笑いましたね、大笑い。


まあ、ぶっちゃけまずコースがひどすぎた。
なにせレースの当日まで舗装工事をやってたくらいですから!
しかも大雨。この時期のサンパウロとかマジ冗談、なんですがそれでもやる。
結果、当然として事故続発で、フルコースコーション*1が三回、赤旗中断が30分以上、レース再開後はものの数周でゴールのためになにがなんだかわからない、と、おもしろいくらいにぐだぐだで、そこが逆に楽しめました。


すべてにおいておおざっぱ。F1ではぜったいにあり得ないようなぶっつけ本番的で、だめならだめでしょーがない的な発想がレースのここかしこからにじみ出ている気がします。


佐藤琢磨選手の結果はとっても残念だったけど、わたしも昨日今日にレースを見始めたわけじゃないですから、良きにつけ悪しきにつけ、全てが一瞬で決し、取り返しがつかないのがモータースポーツだとわかってますしね。
うん、次に期待。


……なんてかっこいいこと言ってみてもやっぱり悔しいよねぇ。
F1もインディも、どっちも応援してる日本人選手がいいとこ無しで終わっちゃったんだもの。


あ、ここで言うとついでのようになっちゃいますけど決してそうではなく、インディでの先輩ドライバー武藤英紀選手もちゃんとチェックしてますよ。
彼も今回はリタイアで残念でした。次がんばれ!


他の順位やインタビューについてはこちらを

*1:セーフティーカーの先導で周回を続ける