読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

日本の春──ATOKの春

PC 雑記

オススメはこのへんがいいのかな。辞典付きだしね。
いろいろと辞典との連携が強化されているからおもしろいですよ。


ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
ジャストシステム 2010-02-05
売り上げランキング : 19


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すでにわたしの中では初春の風物詩と化している年刊ATOKの発売日が5日でした。

春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大路し思ほゆ


気分はこんなものでしょうかね。
ATOKを手にすると徳島の思い出がよみがえる……みたいな。
いや、徳島に行ったことはないんですけどね。


ていうか、風物詩とか言ってる割には発売をすっかり忘れてたんですけどね!


まあ、それはいいです。
肝心要の変換能力の強力さは当然健在なままで、さらに軽くなっているのがはっきりわかります。
ちょっと速めのデスクトップ機だとあまり違いは出ませんが、ATOM搭載のネットブックで使ってみると、その差は歴然と言えると思います。


今までの重量感が

Google日本語>MS-IME>>ATOK

だったとすれば、

Google日本語>=ATOK2010>=MS-IME

な感じ。
や、難しいんですよね、MS-IMEって基本軽いんですけど、時々ヘンな重さになってストレスを感じるから、一時間ほど使った体感だと*1こんなところかなぁって。


ざっとパタパタと打ち続けてみた印象としては、ATOK2009の正当進化形の製品、でしょうか。
連文節への強さと単文節への弱さはそのまま残ってる雰囲気。


さて、触れてみた直後の感想はこんなものですかね。
近々また長いレポートも書かなければならない予定がありますから、そのときにまた感じたことがあれば報告しますね。



*1:短かっ!