読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

進まない

こどもが「いじめをする」のは親の教育が悪いの?:アルファルファモザイク


実は子供社会において、いじめは決して悪いことと認識されていないんです。
もちろん質問してみれば「絶対いけないことだと思う」と口を揃えて言いますよ。
心の中でもきっとそう思ってもいるでしょう。


いじめの起きていない社会ではね


でも、いざはじまると一転しますよ。
価値観が


たとえば、率先していじめを始めたわけではないけれど、誰かをいじめないと自分がいじめられたくないから他者をいじめてしまうという子がいます。
こういう子も被害者だと言われる場合が多いです。確かにそういう一面もあるんでしょう。


でもね、これね、全てが全てとは言えないですけどね‥‥いやいややってたとか言う割に、ホント楽しそうにやってたりするんですよ。容赦なくね、にやにやしながらね。


結局、その閉じられた社会の中で、与えられた役割を立派にこなしただけなんですよ。
そういうものなんです。悪いと思ってないんです。


親の教育は大事です。そりゃもちろん、これには論を俟たない。


でもそれだけじゃダメ。ムリ。
両親がどんな人格者だって力が足りない。


何度か言ってますけど、家庭・学校・社会の三者が協力してはじめて教育って成り立つものです。
学校に責任を全部押しつける親御さんには困りものだけど、親の双肩に全てをおっかぶせようって言うのもこれまた乱暴です。仲良くケンカせず協力してやって行かなきゃならないんだから。


もっとも、これでもいじめに対しては絶対的な効果は発揮しませんけどね。
それだけ根源的な問題なんですよ。
理性と利害で生きているはずの大人の社会からだって、無くせないんですもん。
もっとずっと動物に近い子供達の社会から無くなるはずがないです。


もとより、無くすための最大限の努力は常に必要ですけども。


あとは‥‥そう。
大人や大人が作る社会が認めるすばらしい教育が、往々にして子供達の社会での非常識でしかない。これも忘れちゃだめですね。