読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

カメラを持つとひとが変わる

ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]
ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ミシェル・モーガン, ジョシュ・クローズ, ショーン・ロバーツ, エイミー・ラロンド, ジョージ・A・ロメロ

ジェネオン エンタテインメント 2009-04-24
売り上げランキング : 204

おすすめ平均 star
starさすがロメロ監督!
starあの人の映画だし
starつまらない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


う〜〜ん。


初っぱなからなんですけど、う〜〜ん、って映画ですね。
ゾンビものなのに盛り上がりにかけるしグロも少ないしいきなり死体がよみがえったと思ったらわけのわからないうちに終わるし。う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。


とあるアメリカの都市で何の前触れもなく発生した「死体が蘇り生者を襲う」怪事件は、残念ながら学生たちがおもしろおかしく語り継ぐ都市伝説へと昇華することはできなかった。
なぜなら、それは全米へ広がり世界中をも巻き込んでいく惨劇への序章に過ぎなかったのだ。

そんな中、大学の寮から自分の家に戻るために車を走らせる映画サークルの一行があった。
ゾンビに襲われ仲間の一人を失った彼らは『ゾンビなんかいないヨ暴動が起きてるだけだヨ』とマスコミを通じて必死のアピールを試みる政府への不信感や対抗心を燃え上がらせ、世界に真実を伝えるための映画を作ろうと決心するのだった。


管理された情報がもたらす偽りの平穏と
管理されていない情報がもたらす真実の混乱と


どっちがいいんでしょうね〜、というようなメッセージ性も感じられます。
考え過ぎかもしれません。


この大学生たちの他にも世界中からYoutubeにゾンビの映像がアップロードされているひとが大勢います。中には殺される寸前までカメラを回してそれを流してるようなひともいます。
こういうプロのカメラマンでもなかなか難しそうなことをなんなくやってしまう。それを以てリアリティがないと切って捨てるのは容易だけど、わたしはそうじゃないと思いました。


あれですよ。肉眼でものを見たときと、カメラ通して物事を見たときって、ものの見方がずいぶんと違うんですよね。カメラに取り憑かれると、とにかく撮影してそれを発表したいって気持ちでいっぱいになって、冷静に物事を見ることが難しくなるんですよね。


そんな自覚が自分自身に最近ありまして、はい。


そうですね‥‥なんたらオブザデッドならぜんぶ見る、ってひとでしたら見てもいいかもしれません。それ以外のひとは見なくてもいいかもしれません。


そんな映画。