読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

世界の果てはどっちだろう

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)萬屋 直人

メディアワークス 2008-03-10
売り上げランキング : 2387

おすすめ平均 star
star私的意見!
star決して悲しい話ではないです。
star心温まる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


少年という名の少年と、少女という名の少女の、あてどもない逃避行。
そう、彼らを追ってくるものの名前すらない逃避行。

        • -

喪失症──すべての名前が失われ、存在が失われ、そしてついには記憶の中からも失われていく病。
ひとや動物だけでなく、国の名も、町の名も、ありとあらゆる個を識別する記号が消滅していく現象。
どうしてそうなるのか誰にもわからない。なぜそうなったのか誰にもわからない。
わからないまま、世界はゆっくりと崩壊を始めた。

        • -


そんな世界で、愛車スーパーカブくんに二人分の荷物と二人分の体重を乗せて、どこまでもどこまでも、世界の果てまでも旅を続ける弥次喜多道中のお話。


遠くない未来に消滅することがわかっていても、否、わかっているからこそ、いまやらなきゃならないことがある。


そんなさまざまなひとたちのお話でもあります。


この作家さんのデビュー作のようなので*1、まだまだ消化不良というか、もう少し掘り下げた方がいいんじゃ、とか、説明足りなすぎだよ、とか、言いたいことはいくつかありました。


でも、いいよこれ。おもしろい。
ただ切ないとか悲しいとかそういうんじゃないし、むやみやたらと前向きに希望ばっかり語るんでもなくて、んっと‥‥そういうものなんだろうな、って、うん。そんな感じ。


時間があったら読んでみていいと思うっす。

*1:もっとも出版されているのはこれだけみたいだけど