読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

秩父リベンジリターンズ

バイク


さて、秩父湖です。三峰山の麓です。
メチャ狭い上に内部に分岐まである有名なトンネルを抜けると山の澄んだ空気がわたしを迎えてくれました。


なんでこんなところにいるかと言うと。


目的地だった長瀞駅に到着し、周辺を一回りしたのち、詳細を語るのは面倒だから避けますが、ものすごく不愉快になりました
ホントはここから帰路につくはずだったんです。でも、こんな嫌な気持ちのまま帰ったらそれこそ遊びに来た意味がないというもの。


そこで、30秒思考して追加ルートを設定。

大きな地図で見る
次の機会に行こうと思っていた三峰神社へと向かうことにします


国道140号の秩父市街地はさすがに混んでいてうんざりさせられましたけど、そこを突破して旧大滝村*1エリアへ入るともう別天地です。
右に左に曲がりくねった高速コーナーの連続がホントに楽しいです。ほとんどブレーキをかけることなく自然に車体を倒して曲がっていけるために、まるで自分の腕が上がったような錯覚さえ覚えます。


あんまり楽しくてそのリズムを崩したくなかったからかもしれません。この間は停まって写真を撮ろうという気になりませんでした。待避部分は数多く設置されていたからやろうと思えばできたんですけどね。


とりあえず、畳みます。



三峰神社へと続く道です。大型バスの定期路線でもありますし、かなり広くていい道ですよ。飛ばそうと思えばいくらでも飛ばせそう。



滝です。
‥‥滝と言えば滝ですけど、詐欺の気がする。
たしかに二筋あるけど。



さあ、三峰神社に到着です。
つくづく朝に出てきた時間が早かった。
まだ観光バスが到着していないためにほとんどひとがいませんでした。
おかげで遠慮無く撮影できたわけですけど。



お犬さまです。
三峰神社は山犬信仰が盛んでした。



キレイ、というか派手ですよね〜。
この道もまた険しいです。
ハイキング道(?)があったためにちょっと足を踏み入れてみたら道がわからなくなって結局二時間弱ほど歩き回るハメに。



この崖、なんだかわかりますか?



のぞき込んでみると、こう。



こう。
解体中のロープウェーでした。
つくづく、険しい山をさらに切り裂いてその隙間を通している乗り物ですよね。



さて、山を下ります。
なんかヘリポートがありましたよ。かっこいいです。



痛ましい事件を思い起こさせる立て看板です。
市町村合併前からずっと立ってるみたいですね。
どうでもいいことですけど、このトイレ‥‥く、くみ取りで‥‥ううっ。使うの諦めました。
なんかやだ、すごく。


そんなこんなで次回で最終回です。
うん、まだ続くの。

*1:おおざっぱに言って市街地を南下して山ばかりになるあたりから