読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

第二段階の4:道路状況に応じた運転

教習

シミュレータを用いての教習です。
機械の調子が若干悪かったようすで、教習中ずっと画面がゆらゆらしていて酔いそうになりました。だめなんですよね〜、3Dゲームとか、すぐ酔っちゃう。


あ、でもね、それを差し引いてもおもしろかったですよ。
街中とか、夜の山道とか、様々な道路状況の中をのたのた走っていくわけですけど、待ち受けているイベントの量も質も半端じゃないからぜんぜん退屈しないんです。
路上駐車していた車がいきなり走り出してきて引っかけられたと思ったら、次はその車の影から子供が飛び出してきてばびゅーん! うわー、轢いちゃったってちょっと引いてたら、次は交差点を信号無視のトラック‥‥どんな無法都市だここは


まさにマンガのような極端なシチュエーションがこれでもかこれでもかと満載で、充実した時間を過ごせました。もしかしたら、これだけのために教習所に入ってもいいくらいかも?


そうそう、シミュレータは普通のギア付き二輪車型なんですよね。タンクを両足で挟んで乗るこのタイプの方が、スクーターよりずっと安定して一本橋とか簡単だって聞いてましたが、それがよくわかりました。
もう、ぐぐっと押さえつけられるんですよね。体が揺れなくてこれは乗りやすい。いずれ、もっと大きいバイクでギア付き免許取ろう。


そして、この体験を踏まえた上で、ビデオと他の教習生とのディスカッションを交えた小型二輪AT限定免許で唯一*1の学科授業がセットで行われました。こういう時はこうした方が安全じゃないか、とか話し合うわけです。


なぜかわかりませんけど、二輪の教習を受けてるひとって女性が多いですね。わたしの他、女性三人・男性二人での授業でした。


‥‥もっとも、小型AT限定ってわたしだけでしたけど*2。」
みんなでっかいの乗ろうとしてるしなぁ。女子高生まで普通二輪MTだし。


ま、いいや。


さあ、あと一時間だ!!

*1:普通免許等を所持していない場合は別

*2:この授業自体は全二輪免許教習で共通なので、他のコースの教習生も同じ授業を受けます