読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

そうだ今夜は半月か

半分の月がのぼる空〈7〉another side of the moon―first quarter (電撃文庫)
半分の月がのぼる空〈7〉another side of the moon―first quarter (電撃文庫)山本 ケイジ

アスキー・メディアワークス 2006-06
売り上げランキング : 8031

おすすめ平均 star
star日常と非日常―。ただ今を生きるしかない。
starサブキャラの見えなかった心理描写が心地いい
starほのぼのとした日常と思い出と

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えーっと、6巻のことを書いたのが2006年の11月ですか。その当時にもう7,8巻とも出てたんですよね。あははは。
まあ、ね、6巻で完結してて、残りの2冊はサイドストーリー的な短編集だけってことで、あとで気が向いたらでいいやーと思い続けて早2年ですか。時のたつのは早いものです。


久しぶりに読んだ「半月」は、優しくて淡くてそしてせつなくて。2年前からまるで色あせていませんでした。読後には本を抱きしめて余韻に浸りながら、いままでの話を思い出したりして二度楽しめちゃったくらいです。ここまでできる小説ってあんまりないですよ、うん。


この1冊に、まだ決心を固める前の二人と、そして決心を固めたあとの二人の、両方のお話が短編として掲載されています。
それは、かわっていく二人の距離、見えない絆、言葉にされない思いやり、その他もろもろ‥‥が、伝わってきて、なんだか自分が二人を取り巻き優しく見守っている友達や大人達の一人に混じったような錯覚さえ覚えました。


わがままで自分勝手でいじわるでドSの里香と、そんな彼女にののしられどつかれあごで使われているのにまるで逆らうことのできないドMのヘタレ裕一くんとのお話も、あと一冊で終わり。


今度は、早めに次のを読もう。