読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

どこまで許されるのだろう 何が正しいのだろう

映画

カッコーの巣の上で [DVD]カッコーの巣の上で [DVD]
ケン・キージー

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-04-11
売り上げランキング : 2135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


刑務所での労役から逃れるために精神異常者のふりをした主人公の囚人・マクマーフィ*1が、とある精神病院へ精神鑑定を受けるために送られてきたところから物語は始まります。
もともとがそんないい加減な人間だけあって、病院での生活は奔放そのもの。規則正しい生活を拒否し、医師や看護婦を困らせ、ついには他の患者達を扇動して院内秩序はメチャクチャになります。
こんな好き勝手をしながら刑期が終わるのを待てるなんて最高だ‥‥そう思っていたマクマーフィでしたが、生活態度を完全に改めて人並みの生活ができるようにならない限り、決して自由の身になることはない、とある日偶然知ることになります。そう──この病院での暮らしは刑期とは無関係だったのです。病院がそれと認めない限り、彼が解放され自由になる日は決してやってこないのでした。
身勝手にも、騙されたと激怒し病院を恨んだ彼は、入念な準備のもと脱走を企てることとなります。


1975年アカデミー賞主要五部門を独占したアメリカの名画です。
タイトルとあらすじは割と有名でしょうか? ロボトミー手術を描いた作品です。


わたしもその程度しか知らず、それだけの前知識で観てみました。
すごいです。何がまともなのか、誰が正常なのか、よくわからなくなってきます。
病院や婦長が規律を守らせるために厳しい規則を患者に守らせようとする──当たり前のことですよね。当たり前だと思いますよね。実際、正しいことなのでしょう。
だけど、患者が自分のしたいことをまったくやらせて貰えないことに不満を抱くことも、別に間違ってないんですよね。当然思うことなんですよね。
おもしろいことに、おそらく一番間違っているひとであるはずの“犯罪者”であり“精神病患者*2”でもあるマクマーフィの存在が、婦長や患者達にそんな疑問を抱かせるきっかけとなったのです。
彼らの「なぜだめなのか」の問いかけに婦長は答えることができませんでした。その答えを用意していなかった、つまり、彼女も自分のしていることが至極当然と考えて、まったく疑問を抱いていなかったということでしょう。


終盤、マクマーフィは、廃人と化します。


そこまではあらすじや評判でわかっていました。これが結末だろうと思っていたんです。ところが、映画はこれで終わりではありませんでした。
もっとずっと衝撃的で悲しいラストが、待ち受けていたとは‥‥。


もしまだ観たことがなくて、この作品をこれから観てみようと思うのでしたら、アマゾンやWikipedia等にはご注意を。古い映画ですし、最後の結末までずばり書いてあるところが多いですよ。

*1:ジャック=ニコルソン

*2:という扱いを受けている