読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

踏まれた

「ほら、もっと左へ寄せて」
「え、もっと左ですか」
「ミラーを見てみろよ。左ががら空きだろ?」


‥‥言われてみると、そんな気も。


「ほら、センターラインを踏んじまうぞ」
「は、はいっ!」


道路脇ってこわいですよね。ひとも自転車もいるし、止まってる車もあるし。
あ、違法駐車だ。しばらく止まって、対向車線に出なきゃ。やだなあ。


「‥‥」


あ、対向車がいなくなった。発進して、いいんだよね‥‥?

ぐぐっ。

う、ブレーキ踏まれた。


「‥‥」


黙って指を指す教官。

あ‥‥左前方がぶつかるところだったんだ。


「ほら、走って」


う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。所内と違って、障害物の位置も大きさもまちまちです。


でも、ふつうに走るのは、余裕が持てるくらいにはなってきたかも。
もうちょっと慣れなきゃ。