読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

継続は力なり

桜が満開です。
川辺の桜並木の下を、ピンクや水色の園服を着た保育園児たちが駆け回っていました。
のどかですね〜。


携帯で片手撮りだからあまりよく撮れてないですけど。


そんなのんびりの景色の裏では、今日も厳しい戦いが繰り広げられています。
教官の指導や友人たちのアドバイスの甲斐あって、ぎりぎりで狭路を切り抜けたわたしを待っていたのは!?


ぐい。


「またですか?」
「それは俺が言いたいよ」


踏まれます。踏まれまくります。助手席に隠してあるブレーキです。


教官曰く、

  1. 中央によりすぎ
  2. 車線変更が遅い
  3. 標識を覚えていなさすぎ

だそうです。

ヘレンケラーもびっくりの三重苦ですね。
でも、信号はしっかり見てるって、褒められました。


‥‥もうちょっと、教本を読み直そう。