読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

バカと言うかありえないと言うか‥‥

昨日借りてきた映画なんですけども。



少林サッカーを越えた』というキャッチコピーに惹かれてなんとなく。


この映画のテーマは、ずばり「世の中生まれ持った才能」の一言につきるのかと。
殴られて瀕死の状態から蘇った主人公が、特に修行をしたわけでもないカンフーの達人として復活‥‥そして伝説の拳法を使い、悪のカンフー使いを懲らしめる、という流れ。


やっぱり才能のあるひとはうらやましいな〜という感想。
‥‥なんて抱くわけもなく、ひたすらバカです。


けっこうエグいシーンも自然にはいってますけど、そんなに気にならないのが不思議。
作りがうまいんでしょうね。


なんか、日本の資本ばっかりで作ったみたい。
少林サッカー人気に味をしめて、柳の下の二匹目のどじょうを狙ったのかな。


つまらなくはないし、難しい話もぜんぜんないです。
でも、「越えて」はいないような気がしました。