読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

いろはちゃんの方がいいと思うのよ

今朝、出がけに再挑戦してみたら、一発。 あるよね~。ムキになって繰り返してもぜんぜんうまくいかないのに、ちょっと間を開けてやってみれば何のこともなくクリアできちゃうの。 あるよね~? まあ、おかげさまで、セーラー服+スク水の、どこぞのウィッチ…

今宵はここまでにしとうございます

どうして旗艦を狙わないのよーッ!! カッと、目を見開きバタ臭い顔になって叫びたくなることを何度ガマンし続けた事でしょう。 かくして、今日も、わたしは失敗しました。だってさぁ、これゲージを見た限り、あと一回この潜水旗艦を沈めればクリアじゃない…

2013年インディカー第03戦 ロングビーチ

長かった。果てしなく長かった。 まあね、以前から何度かわたし自身でも言ってるけどさ。佐藤琢磨というドライバーは速い。速いんだけど、安定するまでに時間のかかる人だと知ってるのよ。それでもね、いっそ全然ダメならダメで、たとえば横浜ファンとか? …

ECOくじ当たった

もう、明日には切り替わってしまうネトゲのくじの話題ですけれど、はじめてECOくじの一等が当たったのでうれしいのです。 これね、なかなか当たるものじゃないんですよ。どれくらい難しいかというと、1回500円のくじを5万円分*1引けばその中で1本は1等を引け…

Section 1-13

うん。 ま、いいんですけどね。 どこまで親しくなったとしても、あなた方とわたしは友人同士にはなり得ないのですよ。 決して横に並んで歩くことはかなわない関係なのですよ。 それは、設定の崩壊を意味することなのですよ。 と、口にするのは憚られるのはな…

Section 2-9

正直な話、下ネタって好きじゃ無いんですよ。 いやホントに。 ただ、ふとだじゃれが思いついて、そこからこうなっただけなんですよ。 いやホントに。 ……って、だじゃれだって気付いてもらえない可能性もあるね、これ。 いやホントに。

Section 2-8

やるよね。 おいしいもんね。 あと、マヨとかさ。 ソースもいいね。 醤油はやらないけど。 そんなもんよね。

第19戦 アメリカGP

【コンストラクターズ・チャンピオンシップ】 Rank Team Engine Point 1 レッドブル・レーシング ルノー 440 2 スクーデリア・フェラーリ・マルボロ フェラーリ 367 3 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス メルセデス 353 4 ロータス ルノー 302 5 メル…

Section 1-11

ネコって好きなんですよね、人間の椅子が。 というより、人がこれから座るとわかっている椅子が。 ええ、もう、いやがらせです。 彼らにしてみれば嫌がらせの自覚なんてもちろん無いんです。 ただ、かまってほしいだけなんですけれど。 こちとらそうそう余裕…

Section 2-7

まさに埼玉県で最大級の都市伝説と言っても過言ではない事件がこれです。 わたしが調べた限り、すでに30年以上前には県内の中学校を中心に流れていたウワサです。 詳細についてはググっていただければ……いや、ググんなくていいんですけどね、こんなの。 そし…

Section 2-6

昔、国道沿いの大きな看板で『ないものはない』と喧伝していた雑貨屋さんがあったんです。 ときどきクルマに乗せられて通るだけの道に面したお店で、わたしは一度も寄ることのないままにつぶれてしまったお店なんですよね。 それをふと、思い出して、はい。 …

Section 1-7

幸せそうに見える人に悩みがないかと言えばそんなわけもなし。 むしろ、生死と無関係なところで深く悩めれば悩めるほど幸せ、とも言えるのでしょうか。 いえ、そんなたいそうな話じゃないですよね。

Section 1-6

この間の台風の時に急遽でっち上げたやつです。 昔は台風大好きだったなぁ。 学校休みになってさ、家の中で風や雨の音にわくわくしてさ。 滅多に停電なんて起きなかったけど、それでもろうそくや懐中電灯はしっかりと準備してさ。 何もかもが楽しいのが、子…

Section 1-5

まあ、仮面かぶってると、いろいろぼろ出さないようにがんばる必要があるな、という。 ん、このときは一年くらい前のヒット曲でなんとかお茶を濁した記憶があります。

Section 2-5

今回は習作といいますか、慣れるためといいますか。 このコミpoってソフトは、確かにうたい文句通りに絵が描けなくても簡単にマンガが描けるソフトではあるんです。 でも、本当の意味で“簡単”に描けるマンガとなると、これがまた、左右に配置されたキャラが…

Section 2-4

プロのラブコメ作家さんってつくづくすごいと思います。 わたしもうこの程度ですっげー恥ずかしいですもん。 ああ、かえってね、ガチの恋愛ストーリーの方が気が楽です。思い知りました。 たとえば、わたしも幼い頃に若気の至りで恋愛小説とか書いてしまった…

Section 3-1

何度かここでも触れていますが、わたしはエミル・クロニクル・オンライン(ECO)というMMORPGをときどきやっています。 このゲームはかわいらしいキャラクターにかわいらしい装備で人気を博しているタイトルですので、コーディネートの豊富さと言ったらそれこ…

Section 2-3

内戦。 それはどんな大戦よりも悲惨な戦争じゃないかと、時折思うのです。 冗談ですよ、ホントに。 いや、多少はいがみ合っていますが……場合によってはこんなものじゃありませんが。 それでも、冗談です。フィクションです。

Section 1-4

10/15のに似てますけど、実はこっちの方が元なんです。 あっちが省エネリサイクルマンガなんです。 なにせこれは9/16作ですから。 あれはそう、忘れもしない。 インディカーシリーズ最終戦で、佐藤琢磨が今季二度目のファイナルラップでクラッシュを披露して…

Section 2-2

わたしこれ素でよく間違えるんですよ。 そういうことありません?

第16戦 韓国GP

オープニングラップでは他車と接触、マシンが損傷し結局レース序盤にリタイヤを余儀なくされたザウバー・チームの小林可夢偉は、「忘れたいレース」と無念さを表した。 「スタートはうまくいったんだけど、右にはロズベルグ(メルセデスAMG)、左にはペレス(ザウ…

Section 1-3

腹立たしい生き物ですよ。 どつきたくなることも多いですよ。 でもかわいいの。うん。

Section 1-2

ミニ事件簿と言いますか。 この後数日くらいごたごたしたなぁ。

Section 2-1

下ネタの才能ないですね。 ねえ。

Section 1-1

こっちでも貼っておけばと言われたので少しずつ。 まあ、どうってもんでもないのですが。 この子なんてかわいい方なんですけどね。

第15戦 鈴鹿グランプリ(日本)

はいはい、皆さんもうご存じですよね。 ついに小林可夢偉が表彰台に立ちました。自身、初表彰台なのはもちろん、日本人としても三度目、三人目であると同時に、たった三度目なんですよ。 そう、日本人が表彰台に立ったのは、長いF1の歴史の中でたった三回し…