読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第08回『ネトゲの旦那を諦めると思った?』

アニメ

アカウントハックされてキャラクター<ルシアン>まで消去されてしまった西村。
愛着のあるルシアンがいなくなったことももちろんショックだったが、それよりなによりアコを“嫁”を泣かせた乗っ取り犯が許せない彼だった。

そんなとき、LA内での詐欺行為を自慢しているサイトがあることを知った一行。そこにはルシアンの乗っ取りも面白おかしく描かれていた。間違いない、犯人はこいつだ。


こいつをおびき出して、ケジメをつけさせる。
ネトゲ部の面々が考えついた手段は『詐欺サイトには詐欺サイト』をぶっつけてやることだった。




乗っ取り犯の異様な雰囲気に、プレイヤーが変わっていることを知らないアコは気圧されながらも『こんなのルシアンじゃない!』と必死に抵抗を続けていました。

そう、アカハックという手段を知らない彼女なら、本来ならばルシアンの“中の人”が誰なのかを疑うことなどあるはずがありません。
それなのに、文字だけのコミュニケーションの世界でのことなのに、彼女はそこに気がついたのです。


・・・・・・まあ、さすがにあまりにも酷すぎるゲス野郎でしたから、同一人物だと確定していてもドン引きしたことでしょうけれど。


で、気付いたと言えば今更気付いたんですけども、このLAってROがモデルなんですね。


  1. LAとROと略称の雰囲気の類似
  2. クォータービューの2Dキャラクターシステム
  3. GMニャックたん*1
  4. 落ちているアイテムを拾うモンスターがいる


おお、間違いなくROだ!
てかおせーよわたし!!!

もっとも、気付かなかったと言うより考えもしてなかったんですけどね。
なんのゲームがベースだとか、どうでもよかったというか・・・・・・。


閑話休題。


数年分のログをでっち上げてまで作った偽詐欺サイトを用いてアカハック犯をお縄にしたごほうびなのか、GMニャックたんに<ルシアン>の復活をしてもらった西村は、改めてアコとの結婚式を催します。

そこで発した彼のイケメンな一言と言ったら!!


リアルの俺をちょっとでいいから好きになってくれ!



アコのかわいらしくも力強い本当になった想いの返事ときたら。

ムリです。だってちょっとじゃなくて、もうとっくに大好きなんですから!


ああああああああ。いい最終回だった!!*2


そんな感じ。
でも、ここから先どうなるんだろう。
来週あたりはあれかな、うんざりするほどべたべた回とか。



うん、あり得る。

*1:ROにはその昔“ヒャックたん”と呼ばれる名物GMがおりました

*2:まだおわってません

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第07回『海に行ったらリア充になれると思った?』

アニメ

ようやく訪れた夏休み。その日はネトゲ部の合宿だった。
顧問の斉藤の運転で向かうは御聖院家の所有する高級別荘。

体育会系の斉藤にはナンカチガウと思わせる快適すぎる環境ではあるが、ともあれ『ネトゲでの体力を*1つけるために敢えてネットから離れる』合宿はスタートしたのだった。




・・・・・・もっとも、それは建て前でぇ。


あまりにもゲームにのめり込みすぎてとリアルの区別の付かなくなっているアコを、リアルの素晴らしさを体験させることによって更正しよう、みたいな計画だったわけです。

でもね、リアルでも自分が“ルシアンの嫁”であると思っている彼女にどんだけ素晴らしい想い出を作らせたところで、夫と自分の新婚ラブラブ生活の想い出にしかならないわけなのですね。

そもそも! 高校生の彼らにそれを求めるのは酷というものと承知の上で申し上げますが、アプローチが間違っているのです。

まずはすべて肯定するところから・・・・・・って、アコはそういう病気じゃな・・・・・・病気か!?

はい。手に負えなくなったらメンタルへ。


それにしても、全員が基本的にぼっち指向なんですよね。
海に来ても一緒に遊ばないで好き勝手泳いでるし。
体育会系の先生には理解できないようです。

非体育会系の先生のわたしには理解できますけどね!!

楽しいんだよ、大勢の中での一人って。



△▼△



そして合宿後半。
打って変わって高級ホテルでゲーム三昧です。

あ。典型的なIDハックだ。
銀行の詐欺でもあるやつですよね。

にせもののID入力画面を用意して、ユーザにIDとパスを入力させてそれを記録する。
もちろんそれでは本来のユーザがログインできないのですけれど、この手口が巧妙なのはその後にホンモノの入力を促すこと。
ユーザから見ると『一度だけ入力を誤った』ように見えるところですね。

ほぼ全てのログインフォームでパスワードは「****」のように目隠し状態ですものね。間違ったってなんのフシギもない、と。


さて、どうやら、そんなこんなでIDを盗まれてしまったらしきルシアン。

よりによってアコと二人きりでホテルの部屋に*2いるときに!
これは、アレですかね、アレを求められるんですかね。


しょうがないにゃあ!!!


いやまあ、うん、健全な深夜アニメですし、まさかそこまでは。
期待半分心配半分で、来週を待ちましょうです。

*1:長時間プレイは結構疲れます

*2:ゲーム内ですが

あんハピ♪ 第06回『5月30日 みんなで遠足』

アニメ

今日は楽しい開運遠足(?)の日。
はなこをはじめ、いつものメンバーも前日から楽しみにそのときを待ち望んでおりました。

  1. 吊り橋が抜ける
  2. 猿に橋を落とされそうになる
  3. お弁当を落とす
  4. 川に落ちる



この程度のことは、いつものはなこのフルコース不運として織り込み済みのメンバーも、まさか最後の締めには森のくまさんに襲われてしまうことになるとは思っていなかったでしょう・・・・・・


そんなあんハピ六話目です。
一話目の感想からから盛大にジャンプしておりますがお気になさらぬよう。
むらっ気あるんです、わたし。

さて。
なんといっても救われるし癒やされるんですよ、はなこの前向きさに。

今回はヒバリが仕事で海外住みの両親のせいで、ほぼ一人暮らしなのを聞いて、


いいなぁ。お父さんとお母さんが──


高校生のわたしだったらここで『いないなんて自由でうらやましい
と、続けると思うんですよ。
それが、はなこの場合はこうですもの。



──ヒバリちゃんをすごく信頼してるって事だよね


やられた、と思いました。
その発想はなかったわ。

誰もが誰かを強く思い、その思いに立派に応えている。

あったかいきもちになりましたねぇ。


と、まあ、ほかにいろいろありましたが、ここだけで満足でした。

どうでもいいですが、わたしはなんでもこなす完璧な先生とか、母親とか、そういうキャラは苦手なんですよね~。

では。